.    
. . topページ . 玉野まこと通信 . メッセージ受付 . .
    s
  金沢創生を目指し考え、行動しています  
北陸新幹線が本市の産業経済、私たちの暮らしや社会にさまざまな影響を与えることは間違いありません。ただ、開業効果を最大限に高めるには、自然、歴史、文化遺産、伝統工芸など、本市固有の魅力を磨き高め、国内外に誇れる交流拠点都市として、盤石な都市力を磨いていく必要があります。懸念されるストロー現象への対策としては、金沢が「日本海側国土軸の中央」、首都圏・関西圏・中京圏の三大経済圏とほぼ等距離に位置する強みを生かした積極的な広域交流の推進が必要と考えます。一方、国が進める「地方創生」を本市の追い風にしていくには、独自の人口減少抑制策や地域経済活性化策などを加味した「金沢創生」の政策立案が求められています。北陸新幹線金沢開業を千載一遇のチャンスと捉え、地方創生が求めている、地方の自主性と独自性を発揮すべく、絶えず政策を考え、提言し、元気なまちに、元気な企業、そして豊かな市民生活の実現に邁進していきます。
 
 
s
 
f
ポスト新幹線
 金沢市においても、人口減少時代、少子高齢社会における政策づくりが大きな課題です。交流・定住人口の増加、財源確保の観点からも広域連携が重要であり、北陸新幹線金沢開業効果を最大限に引き出すまちづくりを進めます。また、国際物流拠点化を目指す金沢港を振興すると同時に、新たな魅力づくりや周辺市町との連携を強化し、「中枢拠点都市金沢」「交流拠点都市」として強固な都市力を築きます。 新幹線開業
f
 
f
地方創生
f  「地方創生」の実現に向け、本市でも長期ビジョンと総合戦略の政策の構築が必要となっています。また、戦後70年を経た今、教育再生方針による教育制度の見直しをはじめ、地方創生に係る施策や経済雇用対策、農林水産業の基盤強化など、国に対する地方からの政策提案が求められています。本市独自の機動的で切れ目のない施策を提案、実現させるとともに、地域づくりはひとづくりでもあり、次代の金沢を担う人材育成に注力します。 地方創生
f
 
         
 
f
スポーツを通して
f  サッカーのツエーゲン金沢はJ3初代王者とJ2昇格を決めました。地元のプロであるツエーゲン金沢や石川ミリオンスターズをはじめ、あらゆるスポーツは、ふるさとを愛する気持ちと多くの元気、感動を与え、地域に活力と一体感を与えてくれます。2020年の東京オリンピック・パラリンピック招致決定に伴う、キャンプ地誘致など、本市の青少年スポーツの振興の環境整備促進と生涯スポーツを通した健康増進をはじめ、スポーツ振興関連施策の推進に取り組みます。 スポーツを通して
f
 
f
社会保障について
f  2015年度からは、子ども・子育て支援新制度や医療・介護・福祉制度、障がい者制度などの仕組みが新制度に移行します。その柱となるのは「地域包括ケアシステム」であり、概ね中学校区を単位とした日常生活圏の地域住民を対象に、「住まい」「医療」「介護」「介護予防」「生活支援」を地域単位で一体的、体系的に実施する総合的な仕組みづくりに取り組みます。 社会保障について
f
 
         
 
f
創造・発信・交流
f  本市で、5月に加盟69都市が参加するユネスコ創造都市ネットワーク世界会議が、また、11月には世界124か国から会員が集まる青年会議所の世界大会が開催されます。工芸見学展や能楽鑑賞、和食での祝宴が行われ、金沢が誇る文化の粋が世界に発信されることになります。金沢は「歴史都市」「伝統工芸都市」「学都」などと称され、文化的景観のまちづくりは高い評価を受けています。今後も文化創造都市の旗手として金沢の個性や魅力を磨き高め、創造・発信・交流ができるまちづくりに取り組みます。 創造・発信・交流
f
  玉野まこと  
ページトップ
   
. . . . .
. .
玉野まことプロフィール
  玉野 道 (たまのまこと)/昭和24年6月金沢市玉鉾町に生まれる。米丸小学校、泉中学校、金沢市立工業高校機械科を卒業。北國新聞社制作局印刷部勤務を経て、現職。平成3年4月金沢市議会初当選以降、現在7期目。
家族は妻・長女・次女・長男の5人。


.
.
. .
. . . . .
. .
玉野まこと事務所 〒921-8006 金沢市進和町28 TEL076-291-1245  
Copyright © 2011 Tamano Makoto All rights reserved.
. .